リサイクルショップ・古物商

誰かの役に立つものであるのならば、それは使われるべきもの。

海洋プラスチック問題対応協議会(JaIME)

日本化学工業協会などの化学業界5団体ga、海洋プラスチック問題に対応するための協議会「海洋プラスチック問題対応協議会(JaIME)」を設立し、約40の企業や団体が集まり、ストローの使用中止などで注目されるプラスチック問題について、アジアで日本のリサイクル技術の普及などに取り組むのだそうです。

近年、プラスチックごみの海洋流出や不法投棄が世界中で問題になっていて、海に流出したプラスチックが「マイクロプラスチック」と呼ばれる細かな粒となり、それらを魚介類やプランクトンがエサと間違って食べてしまうことによって、生態系への悪影響が問題視され始めています。

f:id:chubou_kaitori:20180910104127j:plain

これよりも以前にマクドナルドやスターバックスコーヒーなどの世界展開している企業が相次いで使い捨てのプラスチック製ストローの廃止を表明しており、「脱プラ製ストロー」の動きは加速しています。

とはいえ、じつのところ最も海を汚染しているプラスチックゴミは「タバコの吸い殻」だという話で、海洋投棄されるプラスチックゴミを重量別で見るとストローは2000トンに過ぎず、800万トンのうちの0.25%でしかないのだそうです。

現在、多くのタバコにはアセチルセルロースという種類のプラスチックからなるフィルターが取り付けられているのだそうですが、これらは分解するのに数十年を要するとされていて、タバコ自体毎年5.6兆本も作成されていて、なんとその吸い殻の約2/3が無責任に投棄されているのだとか。

まぁ、街中でもポイ捨てタバコする人間がいまだに存在していますからね。 マナーの悪い人が多いのであれば、世界全体で規制すべきだと思います。

ポイ捨てなんかをするから、喫煙者のイメージがどんどんと悪くなってしまい、肩身の狭い思いをする羽目になるわけで、喫煙者だからこそ地球環境にやさしいタバコの吸い方をするようにしなければなりませんよね。

リサイクルメダル

不要なPCや携帯電話などに含まれる金属を回収して東京五輪のメダルをつくる「都市鉱山からつくる!みんなのメダル プロジェクト」というものがあります。

f:id:chubou_kaitori:20180903104823j:plain

このプロジェクトは、パソコンや携帯電話などの小型家電には、希少金属が含まれることから「都市鉱山」とも言われていて、これらの不用品を回収し金、銀、銅を抽出することで、約5000個のメダルの原材料に活用するというもので、集まったものから抽出された金属でメダルの製作を行うというのは、オリンピック・パラリンピック史上においても東京2020大会が初めてとなるのだとか。

まぁ、あまり認知されていないとは思うのですが、実はこれ、プロジェクトへの参加方法は3つあって、ひとつめは全国のドコモショップで回収してくれます。 とはいえ、ドコモショップの場合は回収してくれるのは使用済み携帯電話・スマートフォンタブレットのみですので、気をつけてください。

2つめはプロジェクト参加自治体等による回収で、これは小型家電リサイクル法に基づく28品目を回収してくれるのですが、2018年3月からは全国の約3,000か所の郵便局でも、使用済み携帯電話・スマートフォンの回収が始まりました。

そして3つ目なのですが、恐らくこれが1番てっとり早い気がするのですが「宅配回収」です。 小型家電リサイクル法に基づく28品目すべてOKとなっていて、自宅・職場等の指定場所・希望日時(最短翌日・年中無休)に宅配業者が回収しに来てくれるのですが、何が凄いってパソコンを含む回収は無料なんです。

いまどき家電リサイクル商品を捨てようと思ったら、お金を取られたり、ちょっとした手続きがいるなど、処分するのが大変だったのですが、このように無料で回収してくれるなんて、これをうまく利用しない手はないでしょう。

自身・会社で不要となっているパソコンなど処分に困っているのであれば、ぜひこの機会に申し込んでおくと、不用品の処分だけでなく、メダルの製作にも協力することができるという、まさに一石二鳥となります!

申し込み方法は、個人と法人と分かれていますので注意してくださいね。

個人向け宅配回収お申込みフォーム

法人向け宅配回収お申込みフォーム

プロが教える儲かる「ネット古物商」の始め方

年間約1万人が古物商に申請しているのだそうですよ。

ネット時代では、インターネットを活用することで様々なビジネスが生まれていて「ネット古物商」であれば、100円が10万円に大化けすることもあるんです。

f:id:chubou_kaitori:20180824133205j:plain

なぜいま古物商・リサイクルビジネスが人気なのか? お金をかけずに始められるのが古物商・リサイクル商売の最大の魅力。 ネットを使った商売に必要となるのは、リアル店舗よりさらにきめ細かい接客対応で「お客さんが知りたいことを伝える想像力と、きめ細かい接客力」を身につけることでチャンスを広げることができます!

「安く仕入れて→売る」このシンプルな商売の仕組みを磨き続けることで、でかい利益を積み重ねることができるネット古物商の始め方を事例を交えながら、業界の儲けの裏側などについても包み隠さず書かれた儲けの教科書。

自分では要らないもの、ゴミだと思っているものでも、誰かにとっては喉から手が出るほど欲しいものだったりするんです。

今や地球環境のためにリサイクル運動、エコ生活がブームとなっているように、使えるものを再利用できて、さらにお金に変えることのできる錬金術がしっかりと紹介されています。