読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リサイクルショップ・古物商

誰かの役に立つものであるのならば、それは使われるべきもの。

ネットオークションのメリット

リサイクル

今やネットオークションは大人気で、モノの売り買いが当たり前のように行われていて、既に市民権を得たといっても過言ではありませんね。

この人気の秘密はやはりインターネットの普及が一番となっていて、特にいまではスマホによる取引も徐々に増えてきています。

このネットオークションのメリットといえば、不特定多数の人々が利用しているので商品を知ってもらえる機会がリアル店舗によるものとは比較できないほどで、さらにインターネット上だけで完結できるという気軽さも受けている要因なのではないでしょうか?

f:id:chubou_kaitori:20170322140828p:plain

リアル店舗であれば、わざわざ足を出向いてもらわなければなりませんが、インターネットの場合は、場所も時間も関係ありませんからね。

しかも、モノに対する商品価値というものは人それぞれですから、人にとってはゴミ同然のものであっても、ある人によっては「お宝」になっているものなども少なくなありません。

インターネットにより、人々が「探す」という行為が当たり前となっているいま、人の目に触れる機会が多ければ多いほど、思いがけない商品が見つかったり、落札されたりするようになるのです。

しかもインタネットオークションに出品することが手軽にできるということも人々の関心を集める要因ともなっているのでしょうね。

特に「絶版本」や「コレクターズアイテム」などは、身近で探すとなると、どこを探せばいいのかわかりませんし、そもそもどこにあるのかさえわかりません。

しかしネットであれば、googleやyahooの検索でも引っかかる場合がありますし、ネット上に存在してるネットオークションサイトから探し出すということが可能です。

中には、ちょっと傷の入った家電や、もう使わなくなった商品などをオークションにかけるだけで売れてしまうなんてこともありますし、わざわざお金を出して粗大ゴミとするよりも、メリットが大きいこともザラにあります。

質屋について

古物商

古物商と同じ商売仲間として、質屋があります。

リサイクルショップが広く認知されている現在では、若い世代にとっては馴染みのない業種かも知れませんが、一昔前であれば、お世話になった人も数少なくはありません。

そもそも質屋というのは、お客さんから品物を担保として預かることによって、その品物の価値に見合ったお金を融通し、預かっている期間によって利息を得るという商売で、現在のような形になったのは江戸時代と言われていますが、その商売のルーツはかなり古く鎌倉中期にあるとされています。

f:id:chubou_kaitori:20170316142120p:plain

ちなみにこの利息は、昭和25年に制定された「質屋営業法」によって定められていて、最高限度額が1日辺り、0.3%、月0.9%となっています。

ですので、利用者が預けた商品を取り戻すには、預けた期限までに元金と利息を払えばいいことになりますし、期限までに元金と利息を払えない場合には、質流れといって預けた商品は戻ってきません。

まぁ、当たり前ですよね。元金と利息を返せないのですから・・・。 とはいえ、質屋の場合、商品と引き換えに「返せなかった元金と利息」による債務はなくなりますので、サラ金やカードローンのようにいつまでも借金に追いかけられるということはありません。

分かりやすく言えば、預けた商品を売ったという感覚だと思ってもらえればいいかも知れませんね。

とはいえ、質屋営業は年を追うごとに減ってきていて、平成27年末における許可件数は3,034件となっていて、前年比64件の現象となっています。

ちなみに全国で2番目の規模の大阪質屋協同組合が全国的に行ったアンケートの結果によると、「質屋でお金を借りられる」ことすら知らない人が44%もいたのだそうで、しかも「急にお金が必要なとき、質屋を利用したいか」との問いに対しては、90%がNOと答えたのだそうで、その理由というのが「イメージが悪い」「他で借りられる」「どこにあるか分からない」などという回答が多かったのだそうです。

よく比較されるリサイクルショップが、明るい店構えとオープンドアで人々が入りやすい環境であるのに対し、どうしても質屋の場合は、日本古風な趣であったり、クローズドドアによって入りづらさが強調されていますからね。

また、現代の人々はモノに対する執着がなくなっており、預けたものを取り戻すというよりも、どうせなら新しいものに買い換えるというような考え方のほうが強くなっていることもあり、衰退に歯止めが効かなくなっているのでしょうね。

個人的には、鎌倉時代からの伝統ということで、ぜひとも残っていて欲しい業種ではあるのですけどね・・・。

変わるリサイクル品への考え方

リサイクル

昨今、古物商やリサイクルショップが人気となっている背景には、一般消費者のモノに対する意識が変わってきているとうことが大きく、これまでの大量生産・大量消費が当たり前となり「使い捨て」となっていた日常生活そのものが見直されたきたことが一番の理由なのではないでしょうか。 f:id:chubou_kaitori:20170311170343p:plain モノを大事にする、大切にするという意識がこれまでよりも強まってきており、「無駄にする」という行為自体をなくしていこうという気持ちが広まってきています。

そこで、節約する意識やモノをできるだけ長く大切に使うということが、リサイクル・リユースという意識を生んできています。

そもそも、このリサイクル・リユースという行為自体は真新しいものでもなく、海外の生活の中では当たり前のことで、特にヨーロッパなどでは家具や家財などを子孫へと引き継いでいくということが日常となっており、古いものを大切にしたり、昔からの技術や技能などが大切に守られてきていました。

つまり、そのような行為自体が「文化」として成り立っているのです。

これからの時代、これまでのモノに対する価値観を改め、地球環境のためにもゴミをなるべく出さないような考え方をすることがとても重要で、そのような生き方がトレンドになっていくのではないでしょうか。

フリーマーケットに参加する場合、許可は必要なのか??

古物商

現在、街中や大きな公園などで、フリーマーケットがよく行われていたりしますよね。

ゴールデンウィーク恒例のビッグイベント「幕張メッセ"どきどき"フリーマーケット2017」が今年も2017年5月3日~5日まで開催されることが早々とアナウンスされていますが、さてさてこれまで、フリーマーケットに行った時にひとつ疑問に思ったことはありませんか?

f:id:chubou_kaitori:20170207171320p:plain

ごく一般の人がフリーマーケットに参加しているようだけど、この人たちって、古物商や古物市場主になっているのかな??

実はこれ、一般参加者として、自分の所有する古物を持っていき、フリーマーケット内で売買・交換する場合、古物商の許可は必要ないんです。

様々なフリーマーケットのホームページやチラシなどを見ると、出店者を「一般募集」していることってありますよね。

また、許可がない場合でもフリーマーケットを主催できるかどうかということなのですが、フリーマーケットを反復継続して開催する場合であれば、古物市場主の許可必要となるのですが、単発的で利益を得る目的でない場合であれば、許可がなくても開催できるのです。

とはいえ、この部分の判断って、難しいですよね。

どの場合には、所轄の警察署に相談してみるのがいいのかも知れません。

フリーマーケットとは編集

古物営業法

古物商

リサイクルビジネスは、限られた資源を有効に活用するという社会性があり、最近では定評のあるビジネスといってもいいでしょう。

これまでのように「使い捨て」、まだまだ使えるモノなのに、新しいモノと取り替え、ゴミ扱いするなんていうのは、地球環境にとってよくありません。

f:id:chubou_kaitori:20170202164354j:plain このように、誰かによって一度は使用されたモノを再び売りに出されるようなモノは古物と言われていて、身近なモノでは、中古CDやDVD、ゲーム、中古の家電や車、古着などがあります。

このようなモノを取り扱う仕事のことを古物営業というのですが、この古物の場合、盗難や強盗などの犯罪によって取得されたモノが混ざってしまう恐れもあり、自由な売買を許してしまうと、犯罪で取得されたものが売買されたり、最悪の場合、さらなる犯罪を巻き起こす可能性があります。

そこで、古物営業においては、古物営業法という法律が制定されていて、古物営業法第一章、第一条に以下のように記されています。

第一条  この法律は、盗品等の売買の防止、速やかな発見等を図るため、古物営業に係る業務について必要な規制等を行い、もつて窃盗その他の犯罪の防止を図り、及びその被害の迅速な回復に資することを目的とする。

ちなみにこの法の監督にあたるのは都道府県公安委員会となっています。

またこれらの古物は、全てをひとまとめとして考えるのではなく、古物営業法施行規則によって以下の13品目に分類されています。

  1. 美術品類(書画、彫刻、工芸品等)
  2. 衣類(和服類、洋服類、その他の衣料品)
  3. 時計・宝飾品類(時計、眼鏡、宝石類、装身具類、貴金属類等)
  4. 自動車(その部分品を含む。)
  5. 自動二輪車及び原動機付自転車自動二輪車及び原動機付自転車(これらの部分品を含む。)
  6. 自転車類(その部分品を含む。)
  7. 写真機類(写真機、光学器等)
  8. 事務機器類(レジスター、タイプライター、計算機、謄写機、ワードプロセッサー、ファクシミリ装置、事務用電子計算機等)
  9. 機械工具類(電機類、工作機械、土木機械、化学機械、工具等)
  10. 道具類(家具、じゅう器、運動用具、楽器、磁気記録媒体、蓄音機用レコード、磁気的方法又は光学的方法により音、影像又はプログラムを記録した物等)
  11. 皮革・ゴム製品類(カバン、靴等)
  12. 書籍
  13. 金券類(商品券、乗車券及び郵便切手並びに古物営業法施行令 (平成七年政令第三百二十六号)第一条 各号に規定する証票その他の物をいう。)